山陽新聞デジタル|さんデジ

ファジ、15周年の漆黒ユニ発表 烏城イメージ、9月ホームで着用

クラブ創設15周年の記念ユニホーム。ベース色は岡山城をモチーフにした黒
クラブ創設15周年の記念ユニホーム。ベース色は岡山城をモチーフにした黒
GK用
GK用
 モチーフは漆黒の「烏城」―。J2ファジアーノ岡山は26日、クラブ創設15周年の記念ユニホームを発表した。フィールドプレーヤー用はクラブ初となる黒が基調で、烏城と呼ばれる岡山城をイメージしている。9月にシティライトスタジアム(岡山市)であるホーム3戦で選手が着用する。

 岡山城のように県民のシンボルとして愛されるクラブになりたいとの思いを込めた。今季のユニホームのデザインをベースに色を変更、胸の中央部分に15周年の記念ロゴマークを配置している。GK用はチームカラーの「ファジレッド」で、GK用として使われるのは初めてという。選手が着用するのは9月5日の愛媛戦、11日の栃木戦、26日の秋田戦。

 一般販売は27日正午からオフィシャルグッズショップ・ファジスクエア(岡山市)とクラブのオンラインショップで。数量限定。背番号なしは1着1万6450円。

(2021年07月26日 20時30分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ