山陽新聞デジタル|さんデジ

中国、米に政策変更要求 高官会談で応酬か

 米国のシャーマン国務副長官が訪れたとみられるホテルの周辺を巡回する警察車両=26日、中国天津市(共同)
 米国のシャーマン国務副長官が訪れたとみられるホテルの周辺を巡回する警察車両=26日、中国天津市(共同)
 【天津共同】米国のシャーマン国務副長官と王毅国務委員兼外相ら中国高官との一連の会談が中国天津で26日、始まった。中国政府によると、謝鋒外務次官は会談で「米国は全方位で中国を抑え込もうとしている」と非難し「誤った思考と極めて危険な対中政策を改める」ことを要求した。経済や人権、安全保障など幅広い分野での応酬が予想される。

 謝氏は「中米関係が膠着状態に陥っているのは、米国の一部の人たちが中国を『仮想敵国』にしているからだ」と主張。米中関係が「深刻な困難に直面している」と述べた。「米国は態度を変え、中国と共に歩み寄って平和共存する道を選ぶべきだ」とも強調した。

(2021年07月26日 12時50分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ