山陽新聞デジタル|さんデジ

チュニジア議会、停止決定 コロナ対応への批判拡大を受け

 25日、チュニジアの首都チュニスで、政府の新型コロナウイルス対応に抗議するデモの参加者ら(ゲッティ=共同)
 25日、チュニジアの首都チュニスで、政府の新型コロナウイルス対応に抗議するデモの参加者ら(ゲッティ=共同)
 【カイロ共同】北アフリカ・チュニジアのサイード大統領は25日、政府の新型コロナウイルス対応を批判するデモの拡大を受け、国民代表議会の30日間の停止とメシシ首相の解任を決めたとする声明を出した。国営TAP通信が伝えた。

 独裁政権を崩壊させた2011年の「ジャスミン革命」を経て発足した議会の弱体化につながる決定で、主要イスラム政党アンナハダ出身のガンヌーシ議長は「革命と憲法に対するクーデターだ」とサイード氏を批判した。

 サイード氏は25日の演説で「チュニジアは最も危険な状況にある」と述べ、決定を正当化した。

(2021年07月26日 09時53分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ