山陽新聞デジタル|さんデジ

日仏、五輪開催の経験共有 インド太平洋で協力確認

 会談を終え、昼食会場に向かう菅首相(右)とフランスのマクロン大統領=24日午後、東京・元赤坂の迎賓館(代表撮影)
 会談を終え、昼食会場に向かう菅首相(右)とフランスのマクロン大統領=24日午後、東京・元赤坂の迎賓館(代表撮影)
 菅義偉首相は24日、フランスのマクロン大統領と東京・元赤坂の迎賓館で会談し、新型コロナウイルス禍での「安全安心」「共生」といった東京五輪開催での経験を、2024年パリ大会に共有する考えで一致した。覇権主義的な動きを強める中国を念頭に「自由で開かれたインド太平洋」の実現に向けた緊密な協力を確認した。

 新型コロナを含む感染症の流行を克服するため、国際的な協力の必要性も申し合わせた。こうした内容を盛り込んだ共同声明を発表した。

 会談は、東京五輪開会式に合わせ、22日から続けてきた各国要人らとの「マラソン会談」の一環。

(2021年07月24日 19時02分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ