山陽新聞デジタル|さんデジ

津山線特別列車・やまもり号出発 大型観光企画一環で9月まで運行

やまもり号に出発の合図を出す斉藤駅長(右)ら
やまもり号に出発の合図を出す斉藤駅長(右)ら
 車内で特製弁当を味わい、停車駅でもてなしを受ける特別列車「美作国やまもり号」の運行が24日、JR津山線岡山―津山間で始まった。

 2022年夏の大型観光企画「岡山デスティネーションキャンペーン」のプレキャンペーンの一環。国鉄車両の塗装を再現した赤とクリーム色のノスタルジー号(2両編成)を使い、9月18日まで計5回、いずれも土曜に1日1往復する。

 この日、岡山駅で出発式があり、団体客や家族連れ約60人が次々と乗車。鉄道ファンらが見守る中、斉藤丈二岡山駅長らの合図で出発した。大阪から友人と参加した女性(75)は「食や車窓からの景色を堪能したい」と話した。

 車内では美作エリアの山菜を使ったばらずしといった弁当をはじめ、国史跡・津山城跡の魅力を広める忍者隊のパフォーマンスが楽しめる。停車駅では菓子などが提供される。

 列車の料金は片道中学生以上6千円など。運行日に合わせた県北周遊バスツアーもある。

(2021年07月24日 19時21分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ