山陽新聞デジタル|さんデジ

熱海土石流、生活再建本格化へ 発生3週間、8人行方不明

 捜索活動が続く大規模土石流の現場=24日午前、静岡県熱海市伊豆山
 捜索活動が続く大規模土石流の現場=24日午前、静岡県熱海市伊豆山
 静岡県熱海市伊豆山の大規模土石流は24日、発生から3週間。ライフラインの復旧に伴い、被災住民の一部は帰宅し、泥出しなどを担うボランティアの活動も始まるなど、生活再建に向けた動きが徐々に本格化。ただ自宅が土石流にのまれた住民を中心に、24日正午時点で計335人が市内のホテル2カ所で避難を続ける。これまでに20人の死亡が確認され、残る行方不明者は8人。

 警察や消防などが24日も1300人態勢で捜索を続けた。市は新たに2人の遺体を発見したと発表。うち1人は土石流によるものと確認し、もう1人についても関連を調べる。

 県外の警察や消防などは順次撤収する見通し。

(2021年07月24日 22時45分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ