山陽新聞デジタル|さんデジ

ゴールドラッシュ食べ五輪応援を JA、総社で蒜山産コーン販売

来店客でにぎわう蒜山産スイートコーンの直売会場
来店客でにぎわう蒜山産スイートコーンの直売会場
 日本の金メダルラッシュに期待―。東京五輪開幕に合わせ、JA晴れの国岡山は23日、総社市岡谷の直売所「ふれあいの里」で真庭市蒜山産のスイートコーンの販売を行った。品種を「ゴールドラッシュ」に限定し、「自宅で食べながら応援して」とアピールした。

 寒暖差の大きい蒜山産のスイートコーンは甘みが強いのが特徴。「ゴールドラッシュ」のほかに「恵味(めぐみ)」などの品種があり、同JAはそれらを「イエローダイヤモンド」の商標で、地元直売所や岡山市内のスーパーなどで販売。人気商品となっている。

 この日は早朝に採れた新鮮なコーン千本を直送し、黄色いつなぎを着た職員が1本190円で販売。野外テントの売り場には列ができ、午前10時の開始と同時に買い物客が次々とかごに入れていた。

 同JA真庭広域営農経済センターの本守竜二販売課長は「観戦で家にいる時間が長くなる五輪期間中は県産品をアピールするチャンス。五輪もコーンもしっかり楽しんで」と話していた。

(2021年07月23日 17時44分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ