山陽新聞デジタル|さんデジ

2事業者から下水道料金を誤徴収 津山市発表、未請求の世帯も

津山市役所
津山市役所
 津山市は21日、過去5年間の下水道使用料で、誤って2事業者から計1191万9077円を徴収し、1世帯に20万9166円を請求していなかったと発表した。管理システムにデータ入力する際の確認が不十分だったという。

 市によると、2016年7月~今年5月検針分。事業者は下水道を使っておらず、世帯は使用していた。市のシステムに登録していた、この世帯の「水道装置番号」が2事業者の番号になっていた。2事業者の住所は同じで、誤徴収していた期間に入れ替わっていた。各業者からの徴収額は32万4793円と1159万4284円。

 事業者は下水道未整備地域にある。料金は上水道と合わせて徴収しており、気付いた事業者から19日に問い合わせを受け発覚した。

 市は事業者に返金、世帯に料金を請求する予定。同様の事例がないか調査中で、下水道課は「深く反省し、チェック体制の強化などで再発防止に取り組む」としている。

(2021年07月21日 19時04分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ