山陽新聞デジタル|さんデジ

陸乃宝珠、ピオーネ入り限定発売 宗家源吉兆庵、豊かな風味が特長

期間限定で発売したピオーネの陸乃宝珠
期間限定で発売したピオーネの陸乃宝珠
 菓子製造販売の源吉兆庵ホールディングス(岡山市北区幸町)グループの宗家源吉兆庵は21日、看板商品「陸乃宝珠(りくのほうじゅ)」で、限定のピオーネを発売した。今月末まで岡山本店(同所)などで扱っている。

 マスカット・オブ・アレキサンドリアの代わりに岡山県産ピオーネを1粒丸ごと求肥(ぎゅうひ)で包み、砂糖をまぶした。そのまま食べるよりも酸味が際立ち、豊かな風味が感じられるという。1個303円。

 陸乃宝珠は岡山の特長を生かした菓子をつくろうと、1977年ごろ誕生。昨年から、オーロラブラックと紫苑(しえん)をシリーズに追加し、それぞれの収穫時期に限定販売してきた。同社は「ピオーネは県産フルーツとしてお客さんにもなじみ深い。そのまま食べるのとは違った味わいを楽しんでみて」としている。

(2021年07月21日 16時48分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ