山陽新聞デジタル|さんデジ

1学期頑張った!児童ら夏休みへ 岡山県内多くの小中で終業式

終業式の後、担任から通知表を受け取る児童=岡山市立大元小
終業式の後、担任から通知表を受け取る児童=岡山市立大元小
 岡山県内のほとんどの公立小中学校で19日、1学期の終業式が行われた。昨年は新型コロナウイルスの影響で休校期間があり、7月末にずれ込んだ学校が多かったが、今年は例年通りの日程で夏休みに入った。

 岡山市立大元小学校(同市北区大元上町)では、感染対策のため体育館に集まらず、校内テレビ放送で実施。全校児童約千人が各教室で式に臨み、児童代表が1学期に頑張ったことを発表した。

 岡賢一校長は「マスクをしたり、手洗いをしたりすることをきちんと守りながら、何かを頑張ったと言える夏休みにしてください」と呼び掛けた。

 1年B組では、担任の井上カンナ教諭(27)が一人一人に「よく頑張りました」と声を掛けながら、初めての通知表を手渡した。女児(6)は「1学期は音楽でタンバリンや歌を頑張った」と話していた。

 2学期の始業式は8月18日~9月1日にかけて行われる。

(2021年07月19日 12時32分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ