山陽新聞デジタル|さんデジ

“水のカーテン”ひんやりと 鏡野の岩井滝でひとときの涼

滝の裏側に回って眺めを楽しむ観光客
滝の裏側に回って眺めを楽しむ観光客
 流れ落ちる水を裏側から間近に眺められる「裏見の滝」として知られる岡山県鏡野町上斎原の岩井滝で、観光客らがひとときの涼を満喫している。

 滝は鳥取県境の標高約850メートルの山中にあり、落差約10メートル、幅約8メートル。せり出した岩から涼やかな“水のカーテン”をつくり出している。久々の好天に恵まれた17日、家族連れらが次々と訪れ、滝の裏側から写真を撮ったり、しぶきに手を伸ばしたりしていた。

 姉妹で訪れた岡山市北区の女性(59)は「ひんやりとした爽やかな雰囲気に癒やされた」と話した。

 新型コロナウイルスの影響で、例年7月10日に行っている恒例の滝まつりは昨年に続き中止となった。

(2021年07月17日 20時08分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ