山陽新聞デジタル|さんデジ

美作で「温泉むすめ」誕生祭 湯郷美彩 新デザインやグッズ披露

披露された湯郷美彩の新デザイン(中央)
披露された湯郷美彩の新デザイン(中央)
湯郷美彩をデザインしたキーホルダー、缶バッジ、黒豆茶のティーバッグ
湯郷美彩をデザインしたキーホルダー、缶バッジ、黒豆茶のティーバッグ
湯郷美彩の誕生日を祝って集まった温泉むすめのパネル
湯郷美彩の誕生日を祝って集まった温泉むすめのパネル
 美作市の湯郷温泉街で17日、全国の温泉地を盛り上げる美少女キャラクター「温泉むすめ」の1人で、湯郷温泉特別観光大使の湯郷美彩(みさ)の誕生祭(湯郷温泉観光協会主催)が行われ、新デザインや新グッズが披露された。岡山県内外から約70人が訪れ、この日の誕生日を祝ったり、グッズを買い集めたりした。

 美彩が温泉街をPRするピンクの法被を着て、かわいらしく振り返るデザイン。このデザインのキーホルダー(700円)と缶バッジ(300円)、市内の製茶会社とコラボして別の美彩のデザインをパッケージに描いた黒豆茶のティーバッグ(540円)の販売もスタートした。

 誕生祭は観光案内所前であり、美彩をデザインしたラッピングトラックや、湯原温泉(真庭市)の湯原砂和、奥津温泉(鏡野町)の奥津かがみ、三朝温泉(鳥取県)の三朝歌蓮の「温泉むすめ」3人の等身大パネルも集合。来場者は、発表された新デザインのパネル(約50センチ)を盛んに記念撮影していた。

 湯郷温泉街に泊まって参加したという横浜市の30代男性は「温泉に漬かっておいしいものを食べ、そこに行かないと買えないグッズを集めるのが楽しい」と話した。

 新グッズは観光案内所で購入できる。31日まで、温泉街のチェックポイントを巡ってポイントを貯めると、グッズがもらえるイベントを行っている。問い合わせは観光案内所(0868―72―0374)。

(2021年07月17日 19時26分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ