山陽新聞デジタル|さんデジ

岡山県 コロナ協力要請21日解除 8月末までデルタ株注意期間に

新型コロナ対策に関し、特措法に基づく協力要請の解除を決めた岡山県の対策本部会議
新型コロナ対策に関し、特措法に基づく協力要請の解除を決めた岡山県の対策本部会議
 岡山県は15日、新型コロナウイルス対応の改正特別措置法に基づいて県民に示している協力要請を21日から解除すると決めた。県内の感染状況が落ち着き、切迫度が最も低い「ステージ1(散発)」を維持しているためとしている。感染拡大防止に向けた新たな対応として、マスク会食や密の回避、積極的なワクチン接種などを呼び掛ける。

 県庁で開いた対策本部会議で決定した。引き続き、感染力が強いとされるインド由来の変異株「デルタ株」を警戒することとし、21日~8月31日を「県デルタ株注意期間」と定めた。

 同期間中に県民が取るべき行動として、盆の帰省や旅行で感染拡大地域との往来は避ける▽屋外でのバーベキューを含め、会食は大人数を避けて2時間程度とする▽感染対策を徹底していない飲食店の利用自粛▽少しでも感染の症状があれば通勤・通学や外出をやめる―などを挙げている。

 事業者に対しては、感染を防ぐ「業種別ガイドライン」の順守や、接種当日や翌日に取得できる「ワクチン休暇」の導入を働き掛ける。イベントの開催に当たっては会場での飲食制限を徹底し、参加者が千人以上または全国規模の場合は県に事前相談をするとした。

 会議終了後、伊原木隆太知事は「感染を防ぎつつ経済を回すタイミングに入っている。ただ、感染拡大地域との行き来や現地での緩みは新たな脅威を持ち込むことになり、注意してほしい」と述べた。

 県は感染拡大などを踏まえて4月26日以降、特措法に基づく協力要請を実施。今月20日までは「リバウンド防止強化期間」とし、県民や事業者に対策を求めている。

(2021年07月15日 22時42分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ