山陽新聞デジタル|さんデジ

重量挙げNZ選手団 倉敷合宿中止 五輪、中高生と遠隔交流は実施

倉敷市役所
倉敷市役所
 倉敷市は29日、東京五輪に出場する重量挙げニュージーランド代表選手団が市内で行う予定だった事前キャンプの中止が決まったと発表した。

 市によると、28日に同国ウエイトリフティング協会から文書で通知があった。新型コロナウイルス感染症対策の観点から、選手らは競技直前に入国し、直接選手村に入るという。市が7月24日に予定している選手団と中高生約30人とのオンライン交流は行う。

 事前キャンプは同21~28日に選手とコーチ計5人が参加し、倉敷運動公園ウエイトリフティング場(同市四十瀬)で行う計画だった。伊東香織市長は「安全を最優先に考えた中でのやむを得ない判断と考える。ニュージーランドとの友好関係の絆は大変強く、今後も応援する」とのコメントを出した。

 東京五輪・パラリンピックの事前キャンプ中止は、県内で誘致が決まった12件のうち8件目。

(2021年06月29日 21時56分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ