山陽新聞デジタル|さんデジ

岡山大 1万2千人に接種実施へ 7月9日から 近隣大学の学生らも

岡山大津島キャンパス
岡山大津島キャンパス
 岡山大は29日、同大や岡山県内の近隣大学の学生、教職員ら計1万2千人を対象にした新型コロナウイルスのワクチン接種を7月9日~8月27日に行うとの計画を発表した。ワクチン接種を加速するため、文部科学省が医療従事者や会場を確保できる大学に対し、地域の教育関係者らの接種拠点となるよう要請していることに対応する。

 会場は岡山大津島キャンパス(岡山市北区津島中)の大学会館。同大に所属する看護師と歯科医師が1日最大1050人に接種する。接種の1回目を7月9~30日、2回目を8月6~27日に実施する。

 今月29日から同大学生の予約受け付けを開始。学外者については対象人数などを調整しているという。

 新型コロナ禍では、岡山大など全国の大学が対面授業をオンラインに切り替えたり、学生が課外活動を控えたりしており、同大は「安全安心な環境を確保して大学の日常を取り戻せるようにしたい」としている。

 文科省によると、24日正午時点で、全国288大学がワクチン接種を申請し、うち69大学で実施のめどが立っている。

(2021年06月29日 21時03分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ