山陽新聞デジタル|さんデジ

弥生人、人口「密」ほど争い 岡山大チーム、埋葬数や人骨分析

眼窩(か)部に切り傷(矢印部分)が残る弥生時代中期の人骨(福岡県筑紫野市、隈・西小田遺跡出土)
眼窩(か)部に切り傷(矢印部分)が残る弥生時代中期の人骨(福岡県筑紫野市、隈・西小田遺跡出土)
松本直子所長
松本直子所長
 弥生人の争いは人口密度の高まりが影響した―。岡山大文明動態学研究所の松本直子所長(考古学)らの研究チームは、弥生時代中期の墓の数から算出した人口圧(人口密度)と、外傷を負った人骨の相関関係を分析。人口圧が高いほど争いが増える傾向が明らかになったと発表した。

 弥生時代は水稲農耕の普及で経済基盤が確立し、生活が安定して人口も増加した。一方、収穫物や耕作地を巡って争いが起き、人々は集落を堀で囲んだり、守りやすい山頂や丘陵に居住したりした。

 松本所長らは受傷人骨の多さから、激しい争いが繰り広げられたとみられる弥生中期の北部九州に着目。同地域では当時、土器の甕(かめ)に遺体を収める「甕棺」の埋葬が広がり、人骨が良好な状態で出土している。

 調査では、甕棺の数と刃物などで傷つけられた人骨のデータを精査。地域と時期を細分して、埋葬数を基にした人口圧と、全体の埋葬数に対する受傷人骨の比率(暴力の頻度)をグラフ化し推移を比較した。その結果、多くの地域・時期で人口圧が高まるのに伴い暴力の頻度も上がり、低下すると下がる相関関係が確認できたという。最も著しい例では、中期中葉から後半にかけ埋葬数が約600体から千体以上に急増した地域で、それに比例して受傷比率も1・5倍に増えた。

 チームはほかに南山大、東北大、国立歴史民俗博物館の研究者が参加。成果は今月、米考古学専門誌に掲載した。松本所長は「人口圧は争いの要因と考えられてきたが、考古学的に裏付けられた。争いを減らすためにどのような社会、環境を作るべきかを考える足掛かりになれば」と話している。

(2021年06月27日 22時08分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ