山陽新聞デジタル|さんデジ

90日ぶり新型コロナ感染者なし 岡山県、3月27日以来

岡山県庁
岡山県庁
 岡山県で25日、新型コロナウイルスの感染者の発表はなかった。1日の感染者がゼロとなったのは3月27日以来90日ぶり。

 県内では4月下旬から英国由来を中心とした変異株の影響で感染者が急増し、一時は連日100人超確認された。5月16日の緊急事態宣言発令から徐々に改善し、今月13日以降は10人未満の日が続いていた。

 一方、感染力が強いとされるインド株の流入による感染再拡大を懸念し、県は7月20日までを「リバウンド防止強化期間」と設定。外出を感染拡大前から5割減らすといった対策のほか、今月30日までは岡山市内の飲食店などに限り営業時間の短縮要請をしている。

 県内の累計の感染者数は現在、7583人。県新型コロナ対策室は「気を緩めず、マスク会食などの対策を徹底してほしい」としている。

 ◇

 岡山県は25日、既に感染が判明している27人から英国由来の変異株が見つかったと発表した。県内での英国由来の変異株感染は299人となった。

(2021年06月25日 19時19分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ