山陽新聞デジタル|さんデジ

かれん、希少なヒメユリ見頃に 新見の植物園で数千本 今月末まで

濃いオレンジ色のかれんな花を咲かせるヒメユリ
濃いオレンジ色のかれんな花を咲かせるヒメユリ
 新見市大佐小阪部の私設植物園「まんさく園」で希少なヒメユリ数千本が見頃を迎え、訪れた人が濃いオレンジ色のかれんな花に見入っている。

 ヒメユリはユリ科の多年草で、岡山県レッドデータブックでは絶滅危惧1類に指定され、県内では市内と高梁市北部のみで確認されているという。まんさく園では遊歩道沿いに直径5センチほどの花を咲かす。自宅裏山に同園を整備した柴田光政さん(83)が、約30年前から周辺の山林でヒメユリの種を採取し徐々に増やしてきた。

 園内ではヤマアジサイ約千株も満開を迎え、観賞はヒメユリとともに今月末ごろまで。柴田さんは「新型コロナウイルス禍で疲れた心を美しい花で癒やしてほしい。来年にはさらにたくさんの花を咲かせたい」と話している。

 入園無料。

(2021年06月25日 16時07分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ