山陽新聞デジタル|さんデジ

“透明”観覧車や昆虫食で非日常 鷲羽山ハイランド50周年記念

観覧車の透明なゴンドラ「スケトンジャー」
観覧車の透明なゴンドラ「スケトンジャー」
コオロギがトッピングされた「昆虫ソフト」
コオロギがトッピングされた「昆虫ソフト」
 倉敷市下津井吹上の遊園地・鷲羽山ハイランドは、8月の開園50周年を記念し、観覧車に透明なアクリル板などを使ったゴンドラ「スケトンジャー」の導入や、昆虫食の体験など“非日常”を感じられる取り組みを展開。来場者に驚きと感動を届けている。

 観覧車(高さ約60メートル)のゴンドラ46基のうち、4基に床や椅子が透明な「スケトンジャー」を4月に設置。最高地点は海抜200メートル超で、360度のパノラマと、宙に浮いているようなスリルを味わえる。1周約15分。入園料と乗り物料込みのパス(中学生以上3800円など)で乗車できるが、7月からは1基千円が別途必要。

 売店ではバッタやサソリ、ワームのスナックとともに、タガメのエキス入りサイダーなど昆虫食を4月から販売中。「昆虫ソフト」(500円)は、ソフトクリームにコオロギのトッピングが人気といい、さくさくとした食感を味わえる。

 鷲羽山ハイランドは「観覧車からの絶景や昆虫の意外な味を、刺激を感じながら楽しんで」としている。

 同遊園地は1971年8月開園。50周年を記念したオリジナルTシャツ(3800円)やキーホルダー(700円)も販売している。

(2021年06月24日 19時13分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ