山陽新聞デジタル|さんデジ

中国、豪をWTOに提訴 ワイン巡る報復か

 WTO本部=2020年10月、ジュネーブ(ロイター=共同)
 WTO本部=2020年10月、ジュネーブ(ロイター=共同)
 【北京、シドニー共同】中国商務省は24日、オーストラリアが中国から輸入する鉄道の車輪部品などに課している反ダンピング(不当廉売)の制裁関税や補助金の相殺関税は不当として、世界貿易機関(WTO)に提訴したと発表した。オーストラリアが自国ワインの輸出を巡り、中国をWTOに提訴すると決めたことへの報復措置とみられる。

 新型コロナウイルスの対応や人権問題でオーストラリアと中国の対立が解消されない中、通商面での報復合戦が激化する恐れがある。

 中国商務省の高峰報道官は24日、「中国は(反ダンピング関税のような)貿易救済措置を乱用する行為に反対する」と述べた。

(2021年06月24日 18時41分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ