山陽新聞デジタル|さんデジ

将棋の藤井二冠、叡王戦決勝へ 挑戦にあと1勝

 将棋の第6期叡王戦本戦トーナメントの準決勝で丸山忠久九段を破った藤井聡太二冠=22日、東京都渋谷区(日本将棋連盟提供)
 将棋の第6期叡王戦本戦トーナメントの準決勝で丸山忠久九段を破った藤井聡太二冠=22日、東京都渋谷区(日本将棋連盟提供)
 将棋の藤井聡太二冠(18)は22日、東京都渋谷区の「Abema TV」スタジオで指された第6期叡王戦本戦トーナメントの準決勝で、丸山忠久九段(50)を破り、挑戦者を決める決勝に進んだ。26日に今年の名人戦挑戦者、斎藤慎太郎八段(28)と対戦する。

 両者は叡王戦初挑戦を目指す。同棋戦の本戦トーナメント優勝者は5番勝負に進出、豊島将之叡王(31)への挑戦権を得る。

 藤井二冠は6日に開幕した棋聖戦5番勝負では、第2局を終えて2勝0敗とし、初防衛にあと1勝としている。29、30日に始まる王位戦7番勝負も初防衛が懸かっていて、重要な対局が続く。

(2021年06月22日 17時33分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ