山陽新聞デジタル|さんデジ

ブラジルの感染死者50万人超 米国に次ぎ世界2カ国目

 19日、ブラジル・サンパウロで「ボルソナロとモウラン(副大統領)は出て行け」と書いた幕を掲げるデモ参加者(共同)
 19日、ブラジル・サンパウロで「ボルソナロとモウラン(副大統領)は出て行け」と書いた幕を掲げるデモ参加者(共同)
 【サンパウロ共同】ブラジル保健省によると、新型コロナウイルスによる同国の死者が19日、50万800人となった。米ジョンズ・ホプキンズ大によると、50万人を超えたのは米国に次ぎ2カ国目。感染者は約1800万人で米国、インドに次ぎ世界で3番目に多い。

 3月から4月にかけ感染が急増したことで、各自治体が経済活動制限などを行ったが、感染者・死者は再び増えている。18日の1日当たり感染者は10万人近くに上り、19日も8万人超。新型コロナの脅威を軽視し国としての対策をとらないボルソナロ大統領に対する抗議デモが19日、20以上の都市で行われた。

(2021年06月20日 10時29分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ