山陽新聞デジタル|さんデジ

大阪・兵庫、百貨店の休業解除も 酒類提供店の対策が焦点

 大阪府の新型コロナウイルス対策本部会議を終え、記者の質問に答える吉村洋文知事=16日午後、大阪市
 大阪府の新型コロナウイルス対策本部会議を終え、記者の質問に答える吉村洋文知事=16日午後、大阪市
 新型コロナウイルスの緊急事態宣言が期限の20日で解除され、まん延防止等重点措置の対象になる見込みとなった大阪府、兵庫県の両知事は16日、百貨店など大規模商業施設への土日の休業を解除する可能性に言及した。酒類を提供する飲食店への休業要請は感染抑止に有効だったものの、業界への打撃も大きかったとの認識で、どこまで緩和するかが焦点となる。

 政府は17日に対策の基本方針を改定する。京都を含めた3府県はこれを受けて対策本部会議を開き、重点措置の対象地域や対策の内容を決定する。

 大阪府の吉村洋文知事は16日、まん延防止措置への移行を政府に要請した。

(2021年06月16日 21時44分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ