山陽新聞デジタル|さんデジ

抽選会で当選者700人決まる 山陽新聞 口座振替キャンペーン

当選者を決める加藤理事長(中央)ら
当選者を決める加藤理事長(中央)ら
 山陽新聞の懸賞企画「口座振替キャンペーン」の抽選会が16日、岡山市北区柳町の山陽新聞社で行われ、国産和牛カタログギフトなどが700人に当たった。

 山陽新聞社の田中宏典販売局長、山陽新聞の販売所組織・協同組合山陽会の加藤辰彦理事長らが抽選。岡山県支部新聞公正取引協議会の野田由雄事務局長の立ち会いで、抽選箱から応募はがきや同社ホームページからの応募用紙を1枚ずつ引いていった。

 賞品は一部を除き、7月下旬までに山陽新聞販売所を通じて届ける。当選者の発表は賞品の発送をもって代える。

 懸賞は朝刊を3カ月以上購読し、購読料を口座振替で支払っている人が対象。期間は3月22日~5月31日で、岡山、広島、香川県内から7004件の応募があった。

(2021年06月16日 21時27分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ