山陽新聞デジタル|さんデジ

女性・女系天皇見送り 現在の皇位継承順位維持

 首相官邸で開かれた、安定的な皇位継承策を議論する有識者会議=16日午後
 首相官邸で開かれた、安定的な皇位継承策を議論する有識者会議=16日午後
 安定的な皇位継承策を議論する有識者会議(座長・清家篤元慶応義塾長)は16日の第7回会合で、皇位継承資格を男系男子に限定する皇室典範の規定を尊重し、現在の皇位継承順位を維持する方針を確認した。これに伴い、女性・女系への資格拡大は見送る。皇族数確保のため、女性皇族が結婚後も皇室に残る「女性宮家」の創設と、旧宮家(旧皇族)の男系男子子孫による皇籍取得の是非の2案を軸に今後の議論を進める。

 継承順位の維持は、清家氏が会合後に記者団に明らかにした。現順位を見直せば皇室制度が動揺しかねないため、混乱を回避すべきだと判断した。

(2021年06月17日 00時17分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ