山陽新聞デジタル|さんデジ

SNS不適切投稿の判事を訴追 弾劾裁判で罷免審理へ

 開かれた裁判官訴追委員会=16日午後、国会
 開かれた裁判官訴追委員会=16日午後、国会
 ツイッターなど会員制交流サイト(SNS)に裁判当事者を傷つける不適切な投稿をしたとして、当事者らが罷免を求めていた仙台高裁の岡口基一判事(55)について、国会の裁判官訴追委員会は16日、裁判官弾劾裁判所への訴追を決めた。今後、弾劾裁判で罷免の是非を審理する。

 訴追委は衆参各10人の委員全員が出席し、3分の2以上が賛成した。決定理由は明らかにしていないが、投稿が罷免理由となる「裁判官としての威信を著しく失う非行」に当たると判断したもようだ。岡口氏の代理人弁護士は「決定は極めて遺憾。裁判官の独立、人権や表現の自由に対する重大な脅威だ」とのコメントを出した。

(2021年06月16日 20時27分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ