山陽新聞デジタル|さんデジ

備前市出身 山本が五輪野球代表に オリックス投手、活躍に期待

山本由伸投手
山本由伸投手
 東京五輪で金メダルを目指す野球日本代表の24選手が16日発表され、備前市出身でプロ野球オリックスの山本由伸投手(22)が選出された。右の本格派は投手陣の柱として期待される。野球で岡山勢の代表入りは正式競技となった1992年バルセロナ五輪以降初めて。

 山本は備前中から宮崎・都城高に進み、2017年にドラフト4位でオリックスに入団。150キロ台の速球と鋭い変化球を武器に頭角を現し、3年目の19年にはパ・リーグの最優秀防御率に輝き、秋の国際大会「プレミア12」で日本の初優勝に貢献した。昨季は最多奪三振のタイトルを獲得し、今シーズンはここまでリーグ2位の6勝(5敗)を挙げている。

 山本以外では米大リーグから今季、楽天に復帰した田中将大投手(32)や広島の鈴木誠也外野手(26)らがメンバー入りした。

(2021年06月16日 11時15分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ