山陽新聞デジタル|さんデジ

動画で巡ろう! 後楽園 夕闇の名園 優美な表情

池に浮かべた小舟から撮影した園内。普段は見られない貴重な風景だ
池に浮かべた小舟から撮影した園内。普段は見られない貴重な風景だ
「春の幻想庭園」の試験点灯の様子を紹介する動画の一場面
「春の幻想庭園」の試験点灯の様子を紹介する動画の一場面
 夕闇に包まれていく名園。散策路に並ぶあんどんやライトが一斉にともると、満開のツツジや園内の名所が優美に照らし出された。

 動画投稿サイト・ユーチューブの「岡山後楽園チャンネル」で公開している映像の一幕。新型コロナウイルス禍で、ゴールデンウイーク中に開催予定だった夜間のライトアップイベント「春の幻想庭園」が中止になり、試験点灯の様子を編集した。

 ゆったりとしたBGMに乗せ、園内を一望できる唯心山や藩主の居間・延養亭など光に彩られた見どころを紹介。徳永こいのぼり(和気町)の協力で制作したこいのぼりのオブジェも光を放ち、沢の池の水面を照らす“絶景”が広がる。池に浮かぶ小舟から園内を捉えた映像は、普段は見られない風景だ。

 チャンネルは2016年に開設。園の歴史を学べる紙芝居や「優雅」「憩い」「四季」といったタイトルで名園の表情を楽しめる動画もある。コロナ禍で現在は休園中だが、同園事務所は「園のさまざまな表情に触れ、心を癒やしてほしい」としている。

 「岡山後楽園チャンネル」はこちら
https://www.youtube.com/channel/UCcINsSfTsRzwLroXv51a5Ng

 後楽園 江戸時代に岡山藩2代藩主・池田綱政の命で築庭された大名庭園。偕楽園(水戸市)、兼六園(金沢市)とともに「日本三名園」の一つに数えられる。コロナ禍に伴う緊急事態宣言の発令を受け、臨時休園している。

(2021年06月16日 07時01分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ