山陽新聞デジタル|さんデジ

津山市立中教諭が部活中に体罰 市教委発表 たたく、無視、暴言

津山市役所
津山市役所
 津山市教委は15日、市立津山東中(同市押入)で運動部の顧問を務める20代男性教諭が、部員に体罰を繰り返していたと発表した。市教委は、処分を検討する県教委に報告するとともに男性教諭を自宅待機とした。

 市教委によると、男性教諭は昨年10月以降、練習中に複数の部員をたたいたほか、助言を求められても無視したり、暴言を吐いたりしたという。

 6月上旬に保護者2人が市教委に相談したことで発覚。市教委の調査に、男性教諭は「つらい思いをさせて申し訳ない」と話しているという。

 市教委はこの日、市立の全35小中学校長を集めた臨時校長会を開き、学校から市教委への報告連絡や再発防止の徹底などを求めた。夜には津山東中で関係する保護者への説明会を開いた。

 市教委は調査を継続。結果を県教委に再度報告する。

(2021年06月15日 20時02分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ