山陽新聞デジタル|さんデジ

西粟倉村 芝桜公園にヤマアジサイ 大茅地区住民が丹精、18日開園

爽やかな花を咲かせ始めたヤマアジサイ
爽やかな花を咲かせ始めたヤマアジサイ
 岡山県西粟倉村大茅の「おおがや芝桜公園」で、住民が育てているヤマアジサイが咲き始め、爽やかな色の花々が梅雨の山里に映える。18日から開園し、来場者を迎える。

 約250株がのり面や通路に植えられており、今年は10日ごろから開花した。青や白、ピンクなど小さな花が日に日に増えている。

 入場無料で、開園時間は午前10時~午後3時ごろ。炊き込みご飯のおにぎり、手作りケーキ、コーヒーを提供する予定。期間は月末まで。

 住民たちは大茅地区活性化協議会を立ち上げ、2015年からシバザクラを植えて公園整備に取り組んでいる。ヤマアジサイは、公園全体のデザインをアドバイスしていた村在住の男性から株を譲り受けて植え始めた。男性は17年に交通事故で亡くなったが、住民は挿し木にして株を増やし、大切に守っている。

(2021年06月15日 19時07分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ