山陽新聞デジタル|さんデジ

一般枠1万7388人に結果通知 おかやまマラソン、倍率2.2倍

2019年のおかやまマラソンの様子
2019年のおかやまマラソンの様子
 岡山市で11月14日に開催される「おかやまマラソン2021」の実行委員会は15日、フルマラソンの一般枠(定員8千人)にエントリーしていた1万7388人に対し、抽選結果をメールとはがきで通知した。

 抽選対象は、先行募集の県民優先枠(同4千人)に漏れた5612人と、一般枠に申し込んだ1万1776人。倍率は過去2番目に高い約2・2倍だった。当選者は6月29日までに参加料1万4千円を入金すれば出場権を得られる。

 新型コロナウイルス禍により2年ぶりの開催となる今年の大会は、ファンラン(5・6キロ)を取りやめフルマラソンのみの実施。全体の定員も前回より3千人少ない1万2千人とした。ランナーやスタッフに体調管理のチェックシート提出を求めるなど日本陸上競技連盟のガイドラインに沿って感染防止策を講じて行われる。

(2021年06月15日 11時24分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ