山陽新聞デジタル|さんデジ

イスラエルで政権交代 12年ぶりネタニヤフ氏退陣

 初閣議を開くイスラエルのベネット新首相=13日、エルサレム(AP=共同)
 初閣議を開くイスラエルのベネット新首相=13日、エルサレム(AP=共同)
 【エルサレム共同】イスラエル国会(定数120)は13日、反ネタニヤフ首相で結集した8党による新連立政権を賛成60、反対59の1票差で承認した。1人が棄権した。12年連続で首相を務め、在任期間が通算15年に及んだネタニヤフ氏は退陣し、右派「ヤミナ」のベネット新首相率いる新政権が発足した。ネタニヤフ氏は最後まで8党所属議員の切り崩しを図ったが、及ばなかった。

 ベネット氏はパレスチナやイランに対しては、ネタニヤフ氏の強硬策を継続する意思を表明した。ただ8党は「反ネタニヤフ」だけで一致した寄せ集めで結束が弱く、政権運営には危うさも伴いそうだ。

(2021年06月14日 05時41分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ