山陽新聞デジタル|さんデジ

世界柔道、影浦心が最重量級でV 朝比奈沙羅は日本人対決制し頂点

 世界柔道の男子100キロ超級を制し、メダルを手に笑顔の影浦心=12日、ブダペスト(AP=共同)
 世界柔道の男子100キロ超級を制し、メダルを手に笑顔の影浦心=12日、ブダペスト(AP=共同)
 女子78キロ超級で冨田若春(手前)と対戦する朝比奈沙羅=12日、ブダペスト(AP=共同)
 女子78キロ超級で冨田若春(手前)と対戦する朝比奈沙羅=12日、ブダペスト(AP=共同)
 柔道の世界選手権第7日は12日、ブダペストで男女各1階級が行われ、男子100キロ超級は影浦心(日本中央競馬会)が決勝でタメルラン・バシャエフ(ロシア連盟)に優勢勝ちして初出場優勝を果たした。同級では2003年の棟田康幸以来12大会ぶりの日本勢制覇。

 女子78キロ超級は18年覇者で24歳の朝比奈沙羅(ビッグツリー)が決勝で初出場の冨田若春(コマツ)を指導3の反則勝ちで下し、2大会ぶり2度目の頂点に立った。

 個人戦の男女7階級を終え、日本勢の金メダルは女子が3個、男子が2個。東京五輪日本代表は出場していない。(共同)

(2021年06月13日 05時20分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ