山陽新聞デジタル|さんデジ

ワクチン 企業や大学接種に助言 岡山県が電話相談窓口を設置

岡山県庁
岡山県庁
 岡山県は、新型コロナウイルスワクチンの職場や大学での接種に関し、実施を検討している企業や大学などからの問い合わせに応じる電話相談窓口(086―226―7959=平日のみ)を開設した。

 政府が接種の申請受け付けを始めたのに合わせ、8日に設けた。職員2人が申請に必要な手続きを説明するほか、接種会場の運営やワクチンの打ち手となる医療スタッフ確保について助言を行う。

 相談件数はカウントしていないが、「ひっきりなしに電話がかかってきている」と担当者。政府は1会場千人程度の接種を実施条件としていることから「申請したいが、対象が千人に満たない」との相談のほか、協力してくれる医療機関が見つからないといった内容が目立つという。

 県によると、県内からの申請件数は11日午後5時現在15件。県は「関連会社や取引先などと協力すれば十分対応できる。早めに相談してほしい」としている。

(2021年06月12日 08時16分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ