山陽新聞デジタル|さんデジ

松山踊り 備中高梁駅前の開催中止 2年連続 代替イベントを検討

備中たかはし松山踊りでゆったりとした地踊りを舞う踊り手たち=2019年8月
備中たかはし松山踊りでゆったりとした地踊りを舞う踊り手たち=2019年8月
 高梁市観光協会は11日、8月14~16日に開催予定だった「備中たかはし松山踊り」について、メイン会場となる市中心部のJR備中高梁駅前での開催を中止すると発表した。新型コロナウイルスの感染予防のためで2年連続。昨年と同様、代替イベントを検討している。

 県重要無形民俗文化財の松山踊りは「地踊り」「ヤトサ」「仕組踊り」の3種類の舞で構成。3日間で例年約10万人が参加している。

 昨年の代替イベントでは、市民から募った踊りの動画を投稿サイトで発信。疫病退散の願いを込め市内ゆかりの神社に踊りも奉納した。同協会は「今年も自宅でも楽しめる内容にしたい」としている。

(2021年06月11日 20時26分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ