山陽新聞デジタル|さんデジ

井山三冠と藤井二冠が受賞 関西囲碁将棋記者クラブ賞

井山裕太三冠
井山裕太三冠
藤井聡太二冠
藤井聡太二冠
 関西囲碁将棋記者クラブ(山陽新聞社など19社加盟)は11日、第29回の同記者クラブ賞に囲碁の井山裕太三冠(32)=棋聖、名人、本因坊=と将棋の藤井聡太二冠(18)=王位、棋聖=を選んだ。

 囲碁は2020年、将棋は同年度の成績を基に選考した。井山三冠は2年ぶり13回目、藤井二冠は初めての受賞となる。

 井山三冠は本因坊戦9連覇、棋聖戦8連覇を達成。若手の台頭が目立つ中、当時三冠だった芝野虎丸王座(21)から名人のタイトルを奪取したことなどが評価された。

 藤井二冠は棋聖戦5番勝負を制し、史上最年少の17歳11カ月でタイトル保持者になった。その後、王位も獲得。新型コロナウイルス禍の中、社会に明るいニュースをもたらした。

 表彰式の日程は未定。井山三冠は日本棋院関西総本部、藤井二冠は日本将棋連盟関西本部に所属している。

(2021年06月11日 19時22分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ