山陽新聞デジタル|さんデジ

詐欺被害未然防止で感謝状 岡山南署などがコンビニと店員に

末房生活安全課長(左)から感謝状を受け取る河口さんら
末房生活安全課長(左)から感謝状を受け取る河口さんら
 特殊詐欺被害を未然に防いだとして、岡山南署と岡山南防犯連合会は10日、セブン―イレブン岡山福田店(岡山市南区福田)と店員の河口聖太さん(24)に感謝状を贈った。

 同署によると、河口さんは4月19日、同店で電子マネー5万円分を購入しようとした60代男性から使用方法を尋ねられた。使途を聞くと、男性が「パソコンが乗っ取られ、解除費として買うように指示された」と話したため、不審に思い警察に通報した。

 同店で贈呈式があり、同署の末房将知生活安全課長が河口さんに感謝状を手渡した。河口さんは「日頃からどのような特殊詐欺があるか勉強していた。コミュニケーションを大切にし、今後も被害防止に協力したい」と話していた。

(2021年06月10日 12時18分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ