山陽新聞デジタル|さんデジ

オムライス専門店が無償提供 岡山、学生ら食事困窮者に

無償提供する「巻きオムライス」
無償提供する「巻きオムライス」
「おむや」店主の光畑さん
「おむや」店主の光畑さん
 オムライス専門店「おむや」(岡山市北区柳町)が、新型コロナウイルス禍で食事に困窮している学生らにテークアウトでオムライスを無償提供している。店主の光畑順路さん(52)は、「学生証を求めたり、理由を聞いたりしない。遠慮せず気軽に注文してもらえたら」と呼び掛けている。20日まで。

 無償提供するのは、昔ながらのケチャップをかけた「巻きオムライス」(通常は800円で提供)。赤磐市の養鶏場「アルムの里」のオーガニック卵を使い、岡山県産米のチキンライスにうずらの卵を入れた同店の定番メニューだ。1日20食限定で、岡山市内で1人暮らしする大学生・専門学生や、食事に困っている人が対象。

 元々、来店客には学生が多かった。光畑さんには今春京都の大学に通い始めた次男がおり、緊急事態宣言を受けて岡山に帰省。「地元に帰りたくても帰れない大学生もいる。特に新入生は自炊をはじめ生活に慣れておらず、困っているはず。少しでも精神的に支えられたら」と、無償提供を企画した。

 企画をツイッターに投稿したところ、数日で200件以上のリツイートがあった。これまでに学生を中心に、1日当たり数人程度が注文。ツイートを見て来店し、「頑張って」と声を掛けてくれる人もいた。またツイッターには、「コロナが落ち着いたら食べに行きます」という声も寄せられたという。「反響があり驚くとともに、人とのつながりを再認識させられた」と光畑さん。

 当日午前11時までに光畑さん(090-7120-0030)にショートメールを送って注文する。電話での問い合わせには対応していない。受け渡しは午前10時~午後2時。日曜定休。

(2021年06月10日 09時48分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ