山陽新聞デジタル|さんデジ

岡山市、初の真夏日 中心部で30.9度

 岡山県内は7日、高気圧に覆われてよく晴れ、各地で気温が上昇。岡山市中心部では最高気温が30・9度(平年26・9度)となり初の真夏日(30度以上)を観測した。

 高梁市32・2度(平年27・1度)▽真庭市久世31・3度(同26・7度)▽新見市新見30・1度(同24・5度)―など、全16観測地点のうち12地点で今年の最高を更新し、6月下旬から7月下旬並みの暑さに。岡山市を含む7地点で真夏日となった。

 県内の各消防によると、この日夕方までに、農作業中だった総社市の70代男性が熱中症とみられる症状で救急搬送された。軽症という。

 広島地方気象台は「9日までは晴れ、暑さが続く。10日から気圧の谷の影響で天気が崩れ、12日以降は平年並みの気温になるだろう」と予報している。

(2021年06月07日 19時58分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ