山陽新聞デジタル|さんデジ

カラフル傘アートで元気に 鏡野の道の駅、SNSに写真投稿

上下にカラフルな傘の花が咲くアンブレラアート
上下にカラフルな傘の花が咲くアンブレラアート
 道の駅奥津温泉(岡山県鏡野町奥津)に、カラフルなビニール傘を使った「アンブレラアート」がお目見えした。SNS(会員制交流サイト)に写真を投稿し、新型コロナウイルス緊急事態宣言で外出を自粛している人たちにも、ひとときの“晴れ間”を届けている。

 ピンク、黄、オレンジ、緑など40本を開いた状態で放射状につるした。新型コロナ対応に尽力する医療従事者にエールを送るシンボルカラーの青は1列に並べ、目立つようにしている。

 梅雨時に訪れる人に元気を届けようと2019年に始め、今年は5月下旬に設置。立ち寄った人が、頭上で陽光を受けてきらめく様子とともに、地面に映る彩りを楽しみ、写真に収めていた。

 津山市の女性(75)は「きれいな傘のアートを見て気が晴れました」と話した。

 緊急事態宣言を受け、施設は20日まで休館(観光案内やトイレは利用可)。アートは7月中旬までの予定で、スタッフ(30)は「コロナで大変な中だが、SNSなどで見て楽しんでもらえたら」と話している。

 問い合わせは同道の駅(0868ー52-7178)。

(2021年06月07日 17時30分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ