山陽新聞デジタル|さんデジ

岡山市長選 大森氏3選出馬表明 「誇り持てる都市の実現に全力」

大森雅夫氏
大森雅夫氏
 岡山市の大森雅夫市長(67)は7日、任期満了に伴う同市長選(9月19日告示、10月3日投票)に、3選を目指して立候補する意向を明らかにした。この日開会した6月定例市議会の提案理由説明の中で述べた。無所属で立つ予定。

 大森氏は「就任以来、まちづくりや子育て支援、地域防災力の強化などに全力で取り組み、岡山市の総合力は着実に高まった。信任をいただけるなら来期も市政を担当し、誰もが誇りを持てる都市の実現に全力を尽くしたい」と述べた。

 長期化する新型コロナウイルス禍への対応では「対策の手を緩めることなく、しっかりと継続する必要がある。陣頭指揮を執って強力に推進する」とした。

 大森氏は岡山市出身で東京大法学部卒。国土交通省国土政策局長などを務め、2013年の市長選で初当選、17年に再選された。

 岡山市長選では、新人で前市議会議長の浦上雅彦氏(55)が無所属での出馬を表明。共産党岡山地区委員会などによる「市民本位の市政をつくる会」も候補者擁立に向けて準備を進めている。

(2021年06月07日 20時21分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ