山陽新聞デジタル|さんデジ

(7)承応3年の洪水 “公助”の始まり 藩主2代で治水 領民救済

 旭川を越えた濁流は、武家屋敷を礎石ごと押し流し、地面を深くえぐり取っていた。木材、瓦などの災害ごみ...
この記事は会員限定です。
電子版にご利用登録後、ログインして全文をご覧頂けます。

(2021年06月03日 18時35分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ