山陽新聞デジタル|さんデジ

大雨備え岡山市が土のう無料配布 9月まで毎月1回、4カ所で実施

袋に土を入れ、土のうを作る市民
袋に土を入れ、土のうを作る市民
 岡山市は18日、梅雨の大雨や台風に備えるため、土のうの無料配布を行った。9月まで毎月1回、市内4カ所で配布する。

 会場の一つ、足守川沿いにある撫川公園(北区中撫川)では、午前9時の開始直後から市民が大勢訪問。袋を受け取った後、市から借りたスコップで土を入れて車に積み込んだ。

 男性(69)=北区=は「今年は梅雨入りが早くて水害が心配。早め早めの行動で有事に備えたい」と話していた。

 他の配布場所は、市消防教育訓練センター(中区桑野)、吉井川浄化センター(東区西大寺新地)、南区役所駐車場(南区浦安南町)。今後は6月20日、7月10日、8月24日、9月14日に実施。午前9時~午後5時。配布は1世帯20袋までで、なくなり次第終了。問い合わせは市下水道河川計画課(086―803―1434)。

(2021年05月18日 18時33分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ