山陽新聞デジタル|さんデジ

GDP、年率換算で5・1%減 21年1~3月期、緊急宣言響く

 東京・丸の内でマスクを着けて通勤する人たち=3月
 東京・丸の内でマスクを着けて通勤する人たち=3月
 内閣府が18日発表した2021年1~3月期の国内総生産(GDP、季節調整値)速報値は、物価変動を除く実質で前期比1・3%減、このペースが1年間続くと仮定した年率換算は5・1%減となった。1月に2度目の新型コロナウイルス対応の緊急事態宣言が発令され、飲食などサービス消費が冷え込んだ。マイナス成長は昨年4~6月期以来3四半期ぶり。

 同時に発表した20年度の実質GDPは前年度比4・6%減だった。マイナスは2年連続。減少幅はリーマン・ショック時を超え、戦後最悪の落ち込みとなった。

 21年1~3月期は、個人消費が前期比1・4%減、設備投資は1・4%減だった。

(2021年05月18日 09時40分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ