山陽新聞デジタル|さんデジ

4月の岡山県 晴れの日多く 日照時間 全地点で平年より長く

岡山市でも今年初の「夏日」を観測。日傘を差して市街地を歩く人たち=4月20日午後1時41分
岡山市でも今年初の「夏日」を観測。日傘を差して市街地を歩く人たち=4月20日午後1時41分
 岡山地方気象台は4月の気象概況をまとめた。高気圧に覆われて晴れた日が多く、月間日照時間は岡山市中心部で225・5時間(平年190・3時間)となるなど、15観測地点全てで平年より長くなった。月間平均気温も全16地点のうち15地点で平年を上回った。

 月間日照時間は、玉野市240・1時間(平年201・4時間)▽倉敷市222・8時間(同186・3時間)▽美作市209・0時間(同191・3時間)―など。各地で平年より13・7~38・7時間延びた。

 月間平均気温は、岡山市中心部14・6度(平年14・5度)▽倉敷市14・6度(同13・8度)▽津山市12・8度(同12・3度)―など。真庭市蒜山上長田を除き、平年より0・1~1・0度高かった。

 20日には、高梁市と津山市で最高気温27・3度を観測したのをはじめ県内7地点で今年初の「夏日」(25度以上)を記録した。

 一方、月間降水量は多くの地点で平年並みか平年より少なくなった。

 5月のこれからの天候について、岡山地方気象台は「低気圧や梅雨前線の影響を受けて、天気は数日の周期で変わる見込み。平年よりも曇りや雨の日が多くなるだろう」と予報している。

(2021年05月14日 18時09分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ