山陽新聞デジタル|さんデジ

感染「最大限の力で抑え込む」 岡山県緊急宣言追加見通しで知事

緊急事態宣言の適用について記者団の取材に応じる伊原木知事
緊急事態宣言の適用について記者団の取材に応じる伊原木知事
 岡山県の伊原木隆太知事は14日、同県が新型コロナウイルス対応で緊急事態宣言の対象に追加される見通しとなったことを受け、「国や市町村だけでなく県民にも協力してもらい、最大限の力で(感染を)抑え込んでいく」と述べた。

 県庁で報道陣の取材に応じた。知事は、同日朝に行われた政府の専門家会議後に、加藤勝信官房長官から直接見通しを伝えられたと説明。「より効果的な手段がとれるようになった。最大限のスピードで対応していく」との考えを示した。

 県は現在、岡山、倉敷市の飲食店を対象に営業時間の短縮などを要請しているが、緊急事態を踏まえた新たな対応については「緩くなることはなく、対象が広がる。夕方から夜にかけて国の方針が決まる。何とか今晩中にお知らせできるよう調整を急いでいる」と説明。

 県民に対しては「岡山で安全に出歩けるところはない。最小限のこと以外で外出せず、家にいていただきたい」と改めて訴えた。

(2021年05月14日 12時54分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ