山陽新聞デジタル|さんデジ

残薬アート 玉野市の薬局が制作 「医療費の無駄」分かりやすく訴え

 患者が飲み残した千錠を超える薬を敷き詰め、1枚の絵のように仕上げた「残薬アート」を玉野市の薬局が制...
この記事は会員限定です。
電子版にご利用登録後、ログインして全文をご覧頂けます。

(2021年05月13日 17時19分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ