山陽新聞デジタル|さんデジ

医療費負担増、衆院を通過 75歳以上に窓口2割枠を新設

 医療制度改革関連法案を可決した衆院本会議=11日午後
 医療制度改革関連法案を可決した衆院本会議=11日午後
 一定の収入がある75歳以上の医療費窓口負担を1割から2割に引き上げる医療制度改革関連法案は11日、衆院本会議で与党などの賛成多数で可決され、衆院を通過した。高齢者に収入に応じた支払いを求め、膨張する医療費を賄う現役世代の負担を抑制する狙い。

 法案は、単身では年金を含む年収200万円以上、夫婦世帯では合計年収320万円以上を対象に、窓口負担を1割から2割へ引き上げる。新たに2割負担となるのは約370万人で、75歳以上の約20%。

 実施時期は2022年度後半とし、法成立後に政令で定める。負担が増すことに配慮し、引き上げ後3年間は激変緩和措置を設ける。

(2021年05月11日 19時03分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ