山陽新聞デジタル|さんデジ

岡山県 公道の聖火リレー中止へ 岡山と津山で無観客の式典を計画

聖火リレーの実施方針について説明する伊原木知事
聖火リレーの実施方針について説明する伊原木知事
 岡山県内で19、20日に予定されている東京五輪聖火リレーで、同県が公道での実施を全て中止する方針を固めたことが10日、関係者への取材で分かった。新型コロナウイルスの感染急増を受けた対応。代替案として、両日の到着地となっている岡山、津山市の2会場で無観客の式典を開き、ランナーが走らずに聖火を受け渡す「トーチキス」を計画している。

 関係者によると、7日に岡山、倉敷市から公道での実施は困難との考えが示されたため、県実行委が可否を検討した。その結果、「ランナーが公道を走れば感染拡大につながりかねない」と判断。県内全域での公道を使ったリレーの取りやめと代替案を10日の書面持ち回り会議で決定した。

 代替案によると、式典の会場は19日が岡山市の岡山城下の段、20日が津山市の津山中央公園グラウンド。リレーに参加予定のランナー計179人に出席を呼び掛けてトーチキスを行い、代表のランナーが聖火皿に点火する。津山中央公園グラウンドでは、敷地内でのリレーを盛り込んでいる。既に五輪の大会組織委員会と協議に入っており、組織委が最終判断して公表する見通しという。

 新型コロナ感染拡大を巡っては、福岡県なども公道の走行中止に踏み切っている。

(2021年05月10日 22時03分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ