山陽新聞デジタル|さんデジ

国民投票法、今国会成立へ 自民、立民幹事長が合意

 会談に臨む自民党の森山国対委員長(左)と立憲民主党の安住国対委員長=6日午前、国会
 会談に臨む自民党の森山国対委員長(左)と立憲民主党の安住国対委員長=6日午前、国会
 憲法改正手続きに関する国民投票法改正案が6日、今国会で成立する見通しとなった。自民党の二階俊博、立憲民主党の福山哲郎両幹事長が国会内で会談し、6月16日までの会期中に成立させると文書で合意した。立民が求めていた政党スポットCMの規制を巡る修正について、自民は全面的に受け入れる方針を伝えた。改正案はこの後の衆院憲法審査会で修正の上、賛成多数で可決された。11日に衆院を通過する見込みだ。立民は採決で賛成に回った。

 改正案は2018年6月の提出から3年近くを経て、成立にめどが付いた。自民は今後、憲法改正項目の具体的な議論を進めたい考えだ。

(2021年05月06日 12時46分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ